どうして水素水は身体に良いのか?

最近、聞くようになった水素水。でもどのような効果があるのでしょうか? 良く言われるのが、

  • ダイエットに効果的
  • アンチエイジングができる
  • 健康に良い
  • 美容に良い

などが挙げられます。でもどうして水素水は身体に良いのでしょうか?


善玉活性酸素と悪玉活性酸素

悪玉活性酸素ができる環境とは?

活性酸素は様々な老化現象を引き起こす原因と言いますが、活性酸素には、善玉活性酸素と悪玉活性酸素の2種類があります。

活性酸素が全て悪いものではなく、善玉活性酸素は私たちの身体にとって、重要な働きをしてくれます。それとは逆に、悪玉活性酸素は老化現象や病気を引き起こす原因となります。

ですから活性酸素を全て取り除けば良いというわけではなく、悪玉活性酸素だけを取り除く必要があるのです。この悪玉活性酸素は、

  • ストレス
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 加工食品を食べる
  • 激しいスポーツ

などをすることで発生します。現代はストレス社会とも言われますから、ほとんどの人が悪玉活性酸素を持っているとも言えます。

またダイエットや健康目的で運動をしている人もいますが、その内容が過激なものだと悪玉活性酸素が発生しやすくなります。自分では普通に生活をしているつもりでも、気がつかないうちに溜め込んでしまっているかもしれません。


水素は悪玉活性酸素と結びつく

活性酸素を取り除くには、抗酸化作用のある食べ物を食べるのが良いでしょう。主にビタミンやミネラル、カテキンなどに抗酸化作用があるのですが、水素水に含まれている水素にも活性酸素を除去する働きがあるのです。

しかも水素の凄いところは、善玉と悪玉の両方ではなく、悪玉活性酸素のみに働きかけるということ。ビタミンやミネラルなどは善玉にも働きかけてしまうので、身体に良い働きをしてくれる活性酸素も除去してしまいます。これでは水素水の効果も半減ですよね。

でも水素水は悪玉だけに作用するので、善玉活性酸素を減らすことなく、悪玉活性酸素を除去することができるのです。細胞が老化をする原因の1つに、悪玉活性酸素が関係しています。

その悪玉活性酸素を除去することが出来れば、細胞などの老化を防ぐことができるのです。これが、水素水が身体にとても良いと言われている理由の1つです。

参考)水素水の効果についてより詳しい説明はこちら


悪玉活性酸素を除去する

悪玉活性酸素を取り除く力がある

先ほど水素水は悪玉活性酸素を除去することができるというお話をしましたよね。水素水を飲んで、体内で悪玉活性酸素と水素が出会うと、害のない水に変換してくれます。

何より水素はとても小さいので浸透率がとても良く、他の物質では通れない場所でも通り抜けることができるのです。飲んだ水素水は血液に取り込まれるのですが、そこから全身に水素が行き渡ります。

悪玉活性酸素は一箇所にあるのではなく、いたるところにあり血液の流れに沿って移動する水素は、サプリメントなどよりも効果大なのです。ただ、水素水ならどれでも良いということではありません。水素の含有量が多いものがあれば、少ない物もあるからです。

また水素水が入っている容器もポイントで、ペットボトルは水素が抜けやすいのです。パウチパックに入った物の方が抜けにくいので、水素をしっかりと摂取することができます。水素水なら何でも良いということではなく、できるだけ質の良い商品を選ぶことが大切です。


もっと知る

なぜ美容に良いのか?

なぜ美容に良いのか?


どうして水素が活性酸素を除去するのだろうか?

どうして水素が活性酸素を除去するのだろうか?