どうして水素が活性酸素を除去するのだろうか?

「水素水は活性酸素を除去する働きがある」とよく言いますが、どうして除去することができるのでしょうか?

とその前に活性酸素について解説しておきます。問題の活性酸素は、とても酸化力が強い物質です。

鉄が錆びたりする現象がありますが、これは鉄が酸化するからです。それと同じようなことが身体の中でも起こります。

健康な臓器や細胞に活性酸素が攻撃を仕掛けて酸化をさせるので、老化や病気の原因に繋がります。

適度な量であれば、活性酸素は体を細菌やウイルスから守ってくれる働きがあります。

それが増えすぎてしまうと、身体に害が出てしまうのです。

でも水素水に含まれている水素には抗酸化作用があって、活性酸素と結合をすると水にして身体の外に排出する働きがあります。

水素水の凄いところはもう1つある

活性酸素を除去する 水素水の凄いところは、身体の中に取り込んだとき、悪玉と言われている活性酸素のみに反応をすることです。

意外と知られていませんが、活性酸素には善玉と悪玉があります。身体の中から排出をしたいのは悪玉活性酸素のみです。

善玉活性酸素は免疫機能をアップさせるなどの働きがあるため、身体の中にはしっかりと留めておきたいところです。活性酸素を取り除くためには、抗酸化作用のあるものを摂る必要があります。

でも一般的な抗酸化作用のあるものというのは、身体の中に留めておきたい善玉活性酸素にも働きかけてしまうのです。

その点、水素水はどうなのかというと、悪玉活性酸素にしか働きかけないため、身体にとって必要のないものだけを取り除くことができるのです。